ライフサポート研究分野における世界的な教育・研究拠点を目指します

Pages Navigation Menu
top-home

脳科学ライフサポート研究センター

設立の目的

 本センターは、 脳科学と、情報工学、生体工学、人間工学、ロボット工学、光科学等の分野との連携を通じて、医療や福祉 の現場で必要となる支援技術の研究・ 開発や、これらの分野を担う研究者、技術者、医療従事者などの人材育成を図ることにより、ライフサポート研究分野における世界的な教育・研究拠点を目指すことを目的としています。

センター長挨拶

センター長挨拶

 電気通信大学は、情報工学、生体工学、人間工学、ロボット工学、光科学などの広い分野の研究者が活発な研究活動を展開しており、最近は脳科学あるいは脳情報を応用した研究も盛んです。そこで、これらの専門分野の異なる研究者が結集し、緊密に連携し、医療や福祉の現場で必要とする支援技術を研究・開発し、同時にこのような異分野稼働のできる新しいタイプの創造力・実践力のある技術者を育成することこそ本学の使命と考え、ここに研究センターの設立を行いました。

yokoi

横井 浩史

 本研究センターが目指すものは、「豊かに生きるために必要な科学」、人が人として生きていくために本当に必要な、医工連携した総合科学・技術の構築とそれを担う人材の育成です。高齢化に伴う知能、身体機能、知覚能力の衰えや対人恐怖症など、総合的なコミュニケーションの能力に不安を抱えて不自由と隣り合わせで生きている人たちの機能を補助あるいは増強し、本来の能力を発揮できるような総合的医工連携技術を提供することこそ、本研究センターの使命であると考えます。

 この使命を達成するため、本研究センターは個々の課題を解決する異分野研究者の学際的ネットワークを組織し、人に寄り添ってその知的活動を維持し向上させるのに必要なサービスを学際的異分野協同によって開発・提供できる新しいタイプの技術者と医療従事者の育成を目指します。そして、患者と医師の現場ニーズに早期に対応できる開発プロジェクトを立ち上げて、異分野との密接な協同により課題解決に有効な方法を効率的に創出することを目指します。また、予防医療の観点からも、高齢者の運動・知覚・認知機能の補助や回復支援、ならびにそのための実践的トレーニングなども本研究センターで取り組む教育・研究活動の対象と致します。

 このような試みをセンター教員一丸となって取り組んでいく決意です。皆様のご支援をお願い致します。

Latest News

2016/08/02セミナー一覧表更新メンバー一覧表更新
2016/07/19セミナー一覧表更新
2016/07/03セミナー一覧表更新
2016/06/15近赤外発光基質を開発(東工大と電通大の共同研究)(化学工業日報(朝刊)4面に記事が掲載)(海外メディアのオンラインニュースに掲載
2016/05/21セミナー一覧表更新
2016/05/11BLSCパンフレットを更新
2016/05/01脳科学ライフサポート研究センタースプリングスクール実施報告追加
2016/05/01人間福祉テクノロジー研究ステーションをリンクに追加
2016/04/17センター長挨拶動画リンク
2016/04/163/28-31 脳科学ライフサポート研究センタースプリングスクール動画追加
2016/04/12セミナー一覧表更新
2016/0404メンバー一覧表更新
2016/03/30電気生理学に基づいたライフサポート技術を通じた研究交流
2016/03/25セミナー一覧表更新
2016/02/27セミナー一覧表更新
2016/02/15セミナー一覧表更新
2016/01/293/28-31 脳科学ライフサポート研究センタースプリングスクール
2016/01/29セミナー一覧表更新
2015/10/0911/26 日本医工ものづくりコモンズと共済シンポジウム
2015/10/09セミナー一覧表更新
2015/09/03セミナー一覧表更新
2015/08/0507/02 特別招待講演・交換講義
2015/08/05セミナー一覧表更新
2015/07/21日本神経回路学会とBLSCが主催する時限研究会、8月1日に本学にて開催
2015/07/02セミナー一覧表更新
2015/07/01メンバーページ更新
2015/06/09BLSCパンフレット(pdf)を掲載
2015/06/09セミナー一覧表更新

→ view all